神戸大学熱帯有用植物学研究室へようこそ!

 

熱帯有用植物学研究室は神戸大学大学院農学研究科・神戸大学農学部に所属する研究室です。

 

当研究室では熱帯作物の成長生理や環境適応について研究しています。熱帯地域では乾燥地帯から湿潤地帯までいろいろな環境下に多様な植物が生息しています。それらの植物が種々の環境にいかに適応しているかを生理・生態学的に調べ,熱帯農業の生産安定と環境保護に貢献することを目的としています。

 

現在は洪水地帯で栽培されている浮稲や冠水耐性稲の深水適応を中心に研究しています。洪水地帯では稲が深水環境にさらされ,水没してしまう場面が避けられません。これらの地域で栽培されている稲は深水環境に対して面白い応答を行います。浮稲は草丈を急激に伸ばすことで水没環境から脱出します。その一方,冠水耐性稲は成長を抑制し,水が引くのを待ってから成長を再開します。これらの応答がいかにして行われているかを調査し,植物の環境応答機構の解明を目指しています。最近は南米アマゾン川流域に自生する野生稲の深水適応についても研究を進めています。

 

熱帯有用植物学研究室では大学院入学希望者を募集しています。

研究内容に興味を持たれた方,研究室を訪問してみたい方はぜひ教員宛にメールにてお知らせください。みなさんからのご連絡を心からお待ちしております。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

卒業生の方へ

 

2016年8月27日(土)にOB会を大学構内で開催いたしました。その様子はこちらを御覧ください。

更新情報

2016.7.12

研究業績等を追加しました。

 

2016.7.8

OB会の案内を追加しました。

 

2016.4.1

メンバーを更新しました。

 

2015.10.19

当研究室の岩見裕太くんが第240回日本作物学会講演会にて優秀発表賞を受賞しました。

 

2015.10.1

メンバー追加

 

 

2012.6.15

本ホームページ公開。

訪問者数